ここから本文です

ホンダ「バンドーンは相次ぐPUのトラブルで満足に走れず。原因は今も調査中」/F1バーレーンGP金曜

オートスポーツweb 4/15(土) 7:20配信

 2017年F1バーレーンGPの金曜、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはフリー走行1=8位/2=14位、ストフェル・バンドーンはフリー走行1=13位/2=20位だった。

【関連写真】2017年第3戦バーレーンGP金曜 トラブルが発生し、マシンをとめたストフェル・バンドーン(マクラーレン・ホンダ)

 マクラーレンの発表では、FP1セッション終盤にバンドーンにMGU-Hのトラブルが発生、パワーユニットを新しいものに交換してFP2に臨んだものの、再びMGU-Hに問題が検知されたため、走行をストップしたという。チームは土曜FP3に備えてバンドーンのMGU-Hを交換するということだ。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
ホンダR&Dヘッドプリンシパルエンジニア 中村聡
 中国は気温が低いウエットコンディションでしたが、今日のバーレーンではそれとは正反対の、暑いドライコンディションになりました。

 フェルナンドはFP1とFP2を通して一貫したパフォーマンスを発揮し、そのおかげで私たちはスケジュールどおりにプログラムを進め、異なるタイヤとエアロセッティングを使って、変化するコンディションの下、最適なセットアップを見つける作業に集中することができました。

 ストフェルにとっては厳しい一日になりました。彼はMGU-Hのトラブルのため、両セッションとも走行プランを完了することができませんでした。問題については現在調査を行っていますが、明日のFP3に備えて今夜MGU-Hを交換します。

 今日はストフェルに問題が起きてしまいましたが、今は明日のFP3と予選に気持ちを集中させています。フェルナンドは今日、いい走りをしたので、明日もこの調子でいい仕事をしてくれることを期待しています。ストフェルについては今日よりいい走りをする機会に恵まれることを願っています。

[オートスポーツweb ]

最終更新:4/15(土) 8:28

オートスポーツweb