ここから本文です

NY外為(14日):ドルが対円で反落、米CPIが予想下回り

Bloomberg 4/15(土) 5:25配信

14日のニューヨーク外国為替市場ではドルが 対円で反落。3月の米消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったた め、世界的なリフレ取引の持続性について懐疑的な見方が強まった。

3月のCPIは2016年2月以降で初めて前月比で低下した。

ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前日比0.4%安の1 ドル=108円64銭。対ユーロでは0.1%安の1ユーロ=1.0618ドル。主 要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指 数は前日比0.1%上昇。

米商務省が発表した3月の米小売売上高は2カ月連続で減少した。 自動車の購入減少が響いた。

ドル・スポット指数は昨年11月以来の低水準近辺にある。トランプ 米大統領が今週、ドルは「強過ぎる」と発言したため、トレーダーの間 ではリフレ取引の先行きを見直す動きが出ている。

この日はイースター(復活祭)の祝日にあたり、世界中で多くの市 場が休場となった。

原題:Dollar Drops After U.S. Inflation Falls for First Time in a Year(抜粋)

(第4段落以降を追加します)

Brian Chappatta

最終更新:4/15(土) 6:08

Bloomberg