ここから本文です

最下位群馬、今季初勝利ならず痛恨の7敗目…“北関東ダービー”は水戸に軍配

ゲキサカ 4/15(土) 18:02配信

[4.15 J2第8節 群馬0-1水戸 正田スタ]

 J2は15日、各地で第8節を行い、ザスパクサツ群馬はホームで水戸ホーリーホックと対戦し、0-1で敗れた。最下位に沈む群馬は開幕からの連敗を前節の千葉戦(1-1)で止めたものの、今季5度目の無得点で7敗目。またも今季初勝利は飾れなかった。

 立ち上がりから水戸が試合を優位に進めた。前半4分、ロングスローの流れから、相手DFのクリアボールを収めたFW前田大然が素早くPA内に抜け出し、GKとの1対1の局面。迷わず右足を振り抜いたが、シュートは至近距離で体を張ったGKのブロックに阻まれた。

 すると前半21分、水戸がカウンターから先制に成功する。センターサークル付近でボールを奪うと、ハーフウェーライン付近からMF佐藤和弘が右サイドに展開。MF白井永地の折り返しをMF林陵平が落ち着いて左足で流し込み、先制のゴールネットを揺らした。

 前半30分、群馬は早くも交代カードを切り、FW石田雅俊に代えてFW高橋駿太を投入するが、群馬の今季全3ゴールを挙げている大卒ルーキーFW高井和馬が前線で孤立。2列目まで下がってパスを呼び込んだが、決定機にはつなげられず、0-1で前半を折り返した。

 後半立ち上がりは群馬が攻勢を強め、同11分、右サイドを破ったMF川田拳登のクロスをニアサイドの高井がヘディングで落とし、MF山岸祐也がフィニッシュまで持ち込んだが、シュートはジャストミートせず、チャンスを生かせなかった。

 守備を固める水戸はショートカウンターから決定機をつくる。後半19分、敵陣後方でDF細川淳矢がボールを奪うと、スルーパスに抜け出した前田が鋭い切り返しから左足を振り抜いたが、シュートはGKの正面を突いた。後半36分には途中出場のMF外山凌がスルーパスに抜け出し、ドリブル突破から左足シュートを狙ったが、追加点とはならなかった。

 最後の反攻に出た群馬は後半42分、右サイドのDF舩津徹也がアーリークロスを入れると、ニアサイドの山岸がヘディングで合わせたが、シュートは枠をとらえられず。そのままタイムアップを迎え、今季5試合目の無得点に終わった。最後まで群馬の反撃を許さなかった水戸が1-0で逃げ切り、3試合ぶりの勝利。“北関東ダービー”を制し、今季3勝目を挙げた。
 

最終更新:4/18(火) 19:12

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合