ここから本文です

新潟五十嵐 CS進出へ重要な一戦にフル稼働誓う

日刊スポーツ 4/15(土) 12:41配信

 司令塔がフル稼働する。バスケットボールB1新潟アルビレックスBB(中地区4位)は15、16日の第28節、サンロッカーズ渋谷(同3位)とアオーレ長岡で対戦する。ポイントガード(PG)五十嵐圭(36)は、2連勝した前節富山グラウジース戦(8、9日)の2戦目で今季初の40分間フル出場。SR渋谷戦もフルタイム出場をいとわない覚悟だ。

【写真】富山戦の第1クォーター、ゴール下を攻める新潟・五十嵐

 丁寧にプレーを確認しながら、五十嵐はSR渋谷戦に向けた仕上げを行った。試合形式の練習では相手に囲まれた状態で冷静にスルーパス。富山戦で2試合合計12本中6本と高確率で決めた3点シュートも、積極的に放った。

 新潟とSR渋谷のゲーム差は3。連勝すれば1差に縮まる。ワイルドカード(各地区3位以下の中の勝率上位2チーム)でのチャンピオンシップ進出に近づく。重要な対戦を前に五十嵐は「まず試合に向けて万全の状態にすることが大切」と言う。

 富山戦の出場時間は1戦目が37分、2戦目が40分。チーム最長の合計出場時間でけん引した。疲労を取るため、9、10日のオフを利用して新潟市内の温泉に。「リフレッシュできた」と笑顔を見せる。「長い時間出場しても大丈夫。ある程度自分が点を取りにいく」。負けられない一戦、大黒柱は自分の仕事を分かっている。【斎藤慎一郎】

最終更新:4/15(土) 13:12

日刊スポーツ