ここから本文です

清宮2発完全復活「試合前から行けると思った」

日刊スポーツ 4/15(土) 13:59配信

<高校野球春季東京大会:早実14-2駒大高>◇15日◇準々決勝◇神宮第2

 早実・清宮幸太郎内野手(3年)が、40打席ぶりの1発で高校通算80号を達成した。

【写真】清宮幸太郎が連発!80&81号/過去79発全データ他

 4回1死一、二塁から、右中間席に運ぶ3ランをマーク。5回にも中堅左に運ぶ通算81号となる2ランを放ち、完全に不調を脱した。

 下半身の使い方など、打撃フォームを修正し「今日は試合前からいけると思っていました。思った通りの結果です。センバツから不調が続いていましたが、原因も分かったんで。予想通りのいい結果でした」と笑顔で話した。チームも5回コールドで大勝し、準決勝進出を決めた。

最終更新:4/15(土) 14:10

日刊スポーツ