ここから本文です

阪神糸原がプロ初適時打、金本監督の期待に応えた

日刊スポーツ 4/15(土) 16:44配信

<阪神1-7広島>◇15日◇甲子園

 阪神糸原健斗内野手(24=JX-ENEOS)がプロ初打点を記録する適時二塁打を放った。

【写真】阪神福留のダイビングキャッチ

 5回2死一塁。広島岡田の初球、149キロ直球を振り抜いた。打球は中堅の右横を抜き、フェンスまで到達。一塁走者の原口が一気に本塁まで生還した。「1打席目に3球三振に終わったので、2打席目はしっかりつなげられるようにしようと思った」と淡々と振り返った。

 前日から2試合連続で遊撃でスタメン起用され、金本監督の期待に応える一打となった。

最終更新:4/15(土) 19:37

日刊スポーツ