ここから本文です

日本ハム有原3敗、広島大勝/15日プロ野球まとめ

日刊スポーツ 4/15(土) 18:34配信

<プロ野球>◇15日◇ナゴヤドームほか

【セ・リーグ】

◆広島大勝、岡田2勝目 阪神打線沈黙で連勝ストップ

【写真】阪神福留のダイビングキャッチ

<阪神1-7広島>◇15日◇甲子園

 広島は初回に打者一巡の攻撃で4得点。さらに3回にも相手ミスから2点を奪った。阪神は先発青柳が3回6失点と大誤算。

 大量リードの広島は4回にエルドレッドのタイムリーで1点を追加。対する阪神も、5回に糸原の適時二塁打で反撃を開始。

 広島は打線が2桁安打、先発岡田が1失点完投と投打がかみ合い圧勝。阪神は好調の打線が沈黙。連勝が4でストップした。

 広島は先発岡田が2勝目。阪神青柳は今季初黒星。

◆巨人連敗5でストップ、田口1勝 中日若松が2敗目

<中日2-6巨人>◇15日◇ナゴヤドーム

 巨人は初回、マギーの中前打で1点を先制。中日は3回、2死から満塁のチャンスを作り藤井の2点中前打で逆転に成功した。

 巨人は6回にマギーの二塁打などで3点を奪って再逆転した。中日若松はこの回限りで交代。巨人田口は5回2失点だった。

 巨人は7回にも加点し、連敗を5で止めた。田口が今季初勝利。中日は追加点を奪えず、投手陣も踏ん張れなかった。

 中日若松は今季2敗目。

◆ヤクルト小川初勝利で4位浮上、DeNA石田2敗目

<DeNA7-2ヤクルト>◇15日◇横浜

 ヤクルトは1回、山田の先頭打者本塁打で先制。2回は1死一、二塁から谷内、投手の小川に連続適時打が出て3点を追加した。

 DeNAは4回、倉本の右前適時打で1点を返した。6回は2死満塁までヤクルト小川を攻めたが、柴田が三振に倒れて無得点。

 ヤクルト先発の小川は、登板3試合目で今季初勝利。ヤクルトは4位に浮上した。DeNAは先発石田の乱調が痛かった。石田は2敗目。

【パ・リーグ】

◆楽天継投で逃げ切り連勝 日本ハム有原は開幕3連敗

<楽天4-2日本ハム>◇15日◇Koboパーク宮城

 楽天先発の美馬は、3回まで無安打無失点。日本ハム先発の有原も、3回まで2安打無失点。投手戦の展開となった。

 楽天は5回に嶋のスクイズで先制。6回にはペゲーロの5号ソロなどで追加点。日本ハムは、6回まで2安打。美馬を攻略できず。

 楽天が、継投で逃げ切り2連勝。先発美馬が、7回途中を3安打1失点で2勝目。松井裕は6セーブ目。日本ハム有原は、開幕から3連敗となった。

◆ロッテ逃げ切り涌井が今季初勝利 西武は連勝止まる

<ロッテ1-0西武>◇15日◇ZOZOマリン

 3回までロッテ、西武ともに1安打で無得点。常時風速10メートルを超える強風で飛球が流されながら、両軍ともに無失策。

 ロッテは4回2死から井上の中越え二塁打、細谷の左前適時打で1点を先取。西武は涌井を打ちあぐね、6回まで2安打に沈黙。

 ロッテが逃げ切り、7回無失点の涌井に今季初勝利がついた。西武は野上が完投負け。チームの連勝は4で止まった。

 ロッテは益田が4セーブ目。

◆オリックスが連勝、中島2号 ソフトバンク4連敗

<ソフトバンク6-7オリックス>◇15日◇ヤフオクドーム

 2点を先制されたソフトバンクが3回に逆転に成功。内川の適時打で1点差とすると、なおも2死二塁からデスパイネが1号2ランを放った。

 オリックスは4回、中島の2号ソロで同点。5回、は小谷野の適時打で勝ち越し、6回にも2点を追加した。

 オリックスは7回にも1点を追加。継投で逃げ切り、連勝でカード勝ち越しを決めた。ソフトバンクは4連敗となった。

 オリックス山崎福が初勝利。平野3セーブ。ソフトバンク石川が今季初黒星。

最終更新:4/15(土) 18:44

日刊スポーツ