ここから本文です

200個メで萩野公介と瀬戸大也/世界選手権内定者

日刊スポーツ 4/15(土) 23:08配信

<競泳:日本選手権>◇第3日◇15日◇名古屋市ガイシプラザ

 日本水泳連盟が定めた派遣標準記録を突破して2位以内に入り、世界選手権(7月23~30日、ハンガリー)出場が内定した15日の選手は次の通り。

 ◆男子200メートル・バタフライ(派遣標準記録=1分56秒21) 坂井聖人(早大)1分53秒71、瀬戸大也(ANA)1分54秒28

 ◆男子200メートル個人メドレー(同=1分59秒23) 萩野公介(ブリヂストン)1分56秒01、瀬戸大也(ANA)1分57秒58

 ◆女子100メートル自由形(同=53秒97) 池江璃花子(ルネサンス亀戸)53秒83

 ◆女子200メートル・バタフライ(同=2分8秒52) 長谷川涼香(東京ドーム)2分6秒29、牧野紘子(東京ドーム)2分7秒15

 ◆女子200メートル個人メドレー(同=2分12秒14) 大橋悠依(東洋大)2分9秒96、今井月(愛知・豊川高)2分11秒51

最終更新:4/15(土) 23:10

日刊スポーツ