ここから本文です

不老不死 残業月100時間超/労基署が書類送検

Web東奥 4/15(土) 11:35配信

 従業員に違法な時間外労働をさせたり、時間外割増賃金の一部未払いがあったとして、五所川原労働基準監督署は14日、労働基準法違反の疑いで、深浦町で温泉旅館を営む「黄金崎不老不死温泉」と、同社の社長(44)を青森地検五所川原支部に書類送検した。従業員には過労死ラインとされる月100時間以上の残業が4~5カ月続いた人もいたという。
 送検容疑は、2016年4月1日から8月31日までの間、三六協定(残業をさせるのに必要な労使協定)を結ばず、従業員23人に対して違法な時間外、休日労働をさせ、このうち22人に同年4月から11月までの間の時間外割増賃金の一部349万4383円を支払わなかった疑い。社長は容疑を認めているという。従業員の健康被害は確認されていない。
 同署によると、1カ月の残業が100時間を超えた従業員は20人おり、最長は161時間。100時間以上の残業を4カ月連続で行った従業員は12人で、このうち1人が5カ月連続だった。時間外割増賃金について、同社は従業員に一定の固定時間分で支払っており、それを超えた額が立件対象となった。
 14日、五所川原市内で会見した同署の岩渕稔署長は「15年11月に立ち入り調査を行い、違反の是正勧告、行政指導を行ったが、16年12月の調査でも月100時間を超える労働者が多数認められた。内容が重大、悪質と判断した」と話した。
 社長は東奥日報紙の取材に「1月から長時間労働を是正するための対策を実施しており、きちんと改善したい。残業代は金額を調べて速やかに支払いたい」と話した。
 温泉旅館は「不老ふ死温泉」の名で、日本海に面した露天風呂などが観光客らの人気を集めている。同社によると、現在の従業員は62人。

東奥日報社

最終更新:4/15(土) 11:35

Web東奥