ここから本文です

ウミネコと港内ぐるり/遊覧船運行開始

Web東奥 4/15(土) 11:42配信

 八戸港内を巡る観光遊覧船「はやぶさII」を運航する八戸通船(岩見富光代表取締役)は14日、今年の運航開始を前に、園児らを招いて体験試乗会を開いた。約20人の搭乗客は、船を取り囲むように乱舞するウミネコの歓迎を受けながら、約40分の船旅を楽しんだ。運航は15日から。
 船は蕪島近くの鮫漁港を出港。大型のガントリークレーンがある八戸港の物流基地・八太郎2号埠頭(ふとう)や、ポートアイランドに架かるシーガルブリッジ、第3魚市場など、さまざまな機能を持つ臨港施設を巡った。
 船の周囲にはウミネコが並走するように飛び、園児たちが餌をあげながら歓声を上げていた。同市イメルダ幼稚園年長組の澤内礼ちゃん(5)は「ウミネコがたくさんいて、近くまで来て楽しかった」と笑顔だった。
 運航は10月まで。月~土曜日が1日3便、日曜、祝日と8月11~16日は1日6便運航する。料金は中学生以上1400円、小学生以下700円。

東奥日報社

最終更新:4/15(土) 11:42

Web東奥