ここから本文です

「元祖SDガンダム」90年代の名作。あの「機甲神エルガイヤー」と6体合体が現代に復活!【気になるロボトイwatch】

4/16(日) 11:08配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

■これはなかなかマニアックな…、しかし当時のファンにとっては胸アツの展開!

バンダイの大人向けフィギュアブランド・魂ネイションズが、2016年より展開している「元祖SDガンダムワールド」シリーズ。その最新作『機甲神エルガイヤー』は、現在アラサーのガンダムファンにとって非常に胸がときめく一体になっています。

【詳細】他の写真はこちら

『機甲神エルガイヤー』は、バンダイナムコグループのコラボ企画「SDガンダム外伝まつり」の一環としてもプッシュされている商品。「SDガンダム外伝」とは、1989年に「騎士ガンダム」(ナイトガンダム)とともにバンダイの「カードダス」で登場し大ブームとなったシリーズです。

「SDガンダム外伝」に登場する人気キャラ=『機甲神エルガイヤー』。しかしこの『エルガイヤー』は、ただ等身が低い騎士風のガンダムではなく、「騎士風のガンダムが乗り込んで操るロボ」なのでした。しかもこのロボたちはさらに合体して超巨大ロボになります(なんてこった)。

■すみずみまで進化した2017年型『エルガイヤー』!

「SDガンダム外伝」の世界では、ガンダムが乗り込む巨大ロボを“機兵”と呼び、その中でも特別な存在のことを“機甲神”と呼びます。「機動戦士ガンダム」本来の世界観と比べると異次元にもほどがある……しかし1990年代に小学生時代を過ごした少年(筆者含む)にとってはこれが熱かった!

さて、そんな(今は大人になった)少年たちの思い出をのせた『機甲神エルガイヤー』が現代に復活。1993年に発売された組み立て式玩具「元祖SDガンダム」のリニューアル版となるもので、24年ぶりの商品化です。価格は通常のプラモデルより少々高めの5400円(税込)。一般店頭販売はなく、「プレミアムバンダイ」の受注限定販売となります。

製品受注ページには1993年発売の『エルガイヤー』と比較した画像もアップされています。成型・塗装・可動域などがグレードアップしており、サイズ感以外はほぼすべて変わっているのがわかりますね。

そして、“ガンダムがガンダムに乗り込む”という驚異の設定も再現! パイロットである『神秘騎士ネオガンダム』のミニフィギュアが商品に付属し、『エルガイヤー』のコクピットに乗せることができます。

さまざまなポーズがとれるよう、指を開いた手首パーツなども付属!

■受注締め切り迫る中、“合体する5体”のほうも商品化決定

『元祖SDガンダムワールド 機甲神エルガイヤー』の予約販売は2月から始まっていますが、この受注好調を受けバンダイ公式の「ロボットフィギュアブログ」にとあるアナウンスが。

記事の冒頭で述べたとおり、『機甲神エルガイヤー』は合体によってさらに超巨大ロボになるという設定があります。“希望がつながりました!”と題して更新されたブログでは、『エルガイヤー』と合体する5体の「機甲神」も商品化決定したことが伝えられていました!

『エルガイヤー』と5体の「機甲神」が合体することで、『超機甲神ガンジェネシス』が完成。この合体は1993年のおもちゃでも実現されましたが、6体を全部買って合体させるのは当時の小学生にとっては憧れに近い所業でした。もちろん、これを現在手に入れようものなら相当なプレミアもついています。

今回発売が決定した商品は『機甲神マーキュリアス』『機甲神アクアリウス』『機甲神ジュピタリアス』『機甲神オルフェリス』『機甲神ギガンティス』の5体セット(それぞれ単品での販売はないとのこと)。『エルガイヤー』が1体で5400円となっていることから、この5体セットの価格もお察しといったところですが……“憧れの6体合体”、今なら大人買いで実現できるかも!?

『元祖SDガンダムワールド 機甲神エルガイヤー』、こちらの受注締め切りは2017年4月20日(木)23:00に迫っています。今こそ6体合体やってみたいぞ!という方は、これを発注して『機甲神 五体セット』を楽しみに待つことにしましょう。

文/柳 雄大

※『元祖SDガンダムワールド 機甲神エルガイヤー』商品画像は試作品のものです。

(c) 創通・サンライズ