ここから本文です

熊本競輪場で復興イベント 中川誠一郎ら参加

東スポWeb 4/16(日) 14:58配信

 熊本けいりんメモリアルイベントが16日、熊本競輪場で行われた。

 熊本大震災発生から1年が経過し、これまで支えてくれたファンへ感謝の気持ちを込めたイベントがしたいと日本競輪選手会熊本支部が主催した。

 会場には多くのファンが訪れ、東京スポーツグループ(九州スポーツ)がスポンサー契約をしている中川誠一郎(37=熊本、85期)の「今年は年初めから鎖骨、肋骨(骨折)のうえ、6月には配分が止まるので税金の支払いが大変なんですよ」とのジョークに大爆笑。震災直後から支援活動を率先して行った服部克久(36=熊本、90期)の「心をひとつに熊本、そして熊本競輪場の復活までみんなで頑張りましょう」の掛け声に大きな拍手が起こった。

 トークショーのあとには仲山桂(46=熊本、66期)が自身が体験した熊本大震災を題材に製作した楽曲「4月16日 消印」を披露するライブショーも行われた。

最終更新:4/16(日) 15:02

東スポWeb