ここから本文です

ケイティ・ペリーが20億円豪邸購入 天敵・テイラーとまさかの“ご近所さん”

4/16(日) 16:51配信

東スポWeb

 米歌手ケイティ・ペリー(32)がビバリーヒルズに新居となる大豪邸を購入。“天敵”テイラー・スウィフト(27)と「まさかのご近所同士になった!?」とハリウッドで話題になっている。

 ケイティが購入したのは「ビバリーヒルズの中でも最も治安が良い」と評判のゲート付き住宅地内にある敷地面積約150坪のお屋敷だ。米芸能サイト・TMZによると、購入価格は1900万ドル(約20億円)。寝室は5つで、高級物件にしては比較的少ないが、ビバリーヒルズという土地柄、1区画は米国の一般的な高級住宅街に比べると小さめ。

 この邸宅の目玉は、何といっても高台からユーカリの森を望むインフィニティプールだ。インフィニティプールとは、プールの外縁を水で覆い、まるで外縁が存在しないかのように設計されたもの。シンガポールの有名ホテル、マリーナベイ・サンズの屋上にあるプールと同じ構造だ。

 この住宅地には英歌手アデル(28)や、オーストラリア出身の歌手キース・アーバン(49)と同女優ニコール・キッドマン(49)夫妻、米俳優アシュトン・カッチャー(39)とウクライナ出身の女優ミラ・クニス(33)夫妻、米女優キャメロン・ディアス(44)、同ニコール・リッチー(35)ら、多くのハリウッドセレブが暮らしている。

 一方、近くの別の住宅地にあるテイラーの豪邸は、ハリウッドの映画会社「MGM」の前身となった「ゴールドウィン・ピクチャーズ」の創設者で映画プロデューサーのサミュエル・ゴールドウィン(1879~1974年)が1934年に建てた歴史的物件。

 テイラーが2015年に2500万ドル(約27億円)で買い取った後、歴史的文化財の認定を求めてビバリーヒルズ市に申請。今月、ようやく認可された。その結果、固定資産税など大幅な税制優遇措置が与えられるが、改築などは許可が必要となり、勝手に手を加えることができない。

 同邸はゴールドウィンがパーティーを開き、往年の大スター、マレーネ・デートリッヒ、チャーリー・チャプリン、クラーク・ゲーブルや巨匠フランク・キャプラ監督ら、多くの歴史的人物が訪れたことで知られる。

最終更新:4/16(日) 16:51
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ