ここから本文です

ボッタス「フィンランド人ドライバーとして9年ぶりのポールを誇りに思う」

TopNews 4/16(日) 6:53配信

メルセデスAMGのバルテリ・ボッタスが、バーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた2017年F1第3戦バーレーンGP予選を終えて次のようにコメントした。

●【スピード計測】マクラーレン・ホンダ最下位・・・/F1バーレーンGP予選

■バルテリ・ボッタス「決勝でも1秒以内の差をキープしたい」
フリー3/4番手 1:32.754
予選/ポールポジション 1:28.769

「F1で初めてポールがとれて本当にうれしいよ。このスポーツで5シーズ目を迎えているけれど、何レースかかかってしまった。だけどついに達成できたし、これがこれからたくさん獲得するうちの最初のものであることを願っているよ。いい気分だね」

「フィンランド人がポールをとったのがほぼ10年ぶり(注)だってことは知らなかったよ。フィンランドのために母国を代表して走ることを常にすごく誇りに思っている」

「ここはすべてをうまくやるのが簡単なサーキットじゃないんだ。かなり腕が試されるし、いくつか難しいコーナーもある。だけどクルマの感触が走るたびによくなってきていたし、あの1周をうまくまとめることができた。ありがたいことに、それがポールをとるに十分なものだったんだ」

「このクルマを与えてくれたチームに本当にありがとうと言いたい。僕たちが2台とも最前列からスタートできるのはうれしいね。今週末はすごくいい仕事ができたし、夕方のコンディションに焦点を合わせて、最大限のラップタイムをクルマから引き出すことができた」

「少しばかり今を楽しみたいと思うよ。だけど、一番重要なのは明日のレースだ。まだ夢を見始めても意味がないからね。レースで最高の結果を出すことが一番重要なんだ。チームとして、明日は本当に強さを発揮できるはずだよ」

(注)フィンランド人ドライバーがポールポジションを獲得したのは2008年イギリスGPのヘイキ・コバライネン(マクラーレン・メルセデス)以来。

最終更新:4/16(日) 21:03

TopNews