ここから本文です

ケンブリッジ飛鳥、追い風参考で9秒98

朝日新聞デジタル 4/16(日) 3:07配信

 陸上男子短距離のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が15日(日本時間16日未明)、米フロリダ州クレアモントの競技会で男子100メートルに出場し、予選で追い風5・1メートルの参考記録ながら9秒98の好タイムをマークした。電気計時で日本選手が9秒台で走ったのは、一昨年3月に米テキサス州の競技会で9秒87(追い風3・3メートル)を出した桐生祥秀(東洋大)以来、2人目。決勝は10秒08で、追い風4・4メートルの参考記録だった。

【写真】追い風参考ながら9秒98で走ったケンブリッジ飛鳥(右から3人目)=米フロリダ州クレアモント、平井隆介撮影

 プロ転向後、初の試合だった。予選のレース後、電光掲示板で自身のタイムを確認したケンブリッジは「(タイムは)良かったけど、風が強すぎて」と笑顔で話し、決勝のレースに向けて再度調整に向かった。

 追い風は、秒速2メートル以内であれば記録が公認される。日本記録は1998年に伊東浩司がマークした10秒00(追い風1・9メートル)。(クレアモント=平井隆介)

朝日新聞社

最終更新:4/16(日) 9:28

朝日新聞デジタル