ここから本文です

<石灰華ドーム>まるで火星 北海道・二股らぢうむ温泉

毎日新聞 4/16(日) 8:01配信

 映画で見た火星のような光景だ。北海道長万部町の山あいの「二股らぢうむ温泉」には、温泉に含まれた炭酸カルシウムが堆積(たいせき)した巨大な石灰華(せっかいか)ドームがある。草木に覆われ見える部分は一部だが、高さ30メートルを超え、南北約400メートル、東西約150メートルの規模は世界的にも珍しい。

 調査に3回訪れた広島大大学院理学研究科の白石史人助教(37)は「1日数ミリ成長しています」。表出したドームの横を温泉が流れ落ちる。積み重なるカルシウムが形作る模様は、大地の息吹を感じさせる。【梅村直承】

最終更新:4/16(日) 9:34

毎日新聞