ここから本文です

小林監督J200勝決める!史上4人目の大台へ「勝てれば良い」

スポニチアネックス 4/16(日) 7:00配信

 ◇明治安田生命J1第7節 清水―大宮(2017年4月16日 アイスタ)

 清水は16日、ホームで大宮戦に臨む。15年5月30日の川崎F戦以来13戦ぶりのJ1ホーム勝利とともに、小林伸二監督(56)のJ通算200勝が懸かる。史上4人目の大台まであと1勝の指揮官は「知らなかった」と驚きつつ「モチベーションになるね。ホームで勝てれば良い」と白星を誓った。

 01年のJ2大分監督就任から山形、徳島、清水と史上最多4クラブを昇格させてきた。「昔からサッカーと経験したことを教えることが好きだった。そういう意味では幸せですよ」と感慨深げ。勝利数を意識したことはなく、通算15シーズンの監督人生で積み上げた数字に「長くやっていれば良いこともあるね」と笑顔を見せる。

 これまで印象に残る試合は大分でJ1初勝利を挙げた03年4月12日のG大阪戦という。清水では昨年10月2日、ロスタイムに劇的逆転勝ちしたC大阪戦といい「狙った中の逆転で純粋にうれしかった」。J1昇格後も「チームが変わるから(監督は)楽しいですよ」。

 大宮は昨季まで清水の背番号10を背負ったFW大前元紀(27)が移籍後初めてアイスタのピッチに立つこともあり、注目の一戦。清水は9位で迎え、「勝って上の層を見たいですよね」。オレンジダービーを制して、また一つ前進する。

最終更新:4/16(日) 7:00

スポニチアネックス