ここから本文です

トッテナムが快勝で首位に4差と迫る ソン・フンミンが韓国人得点記録を更新/プレミア

4/16(日) 12:06配信

ISM

 イングランド・プレミアリーグは現地時間15日に7試合が行なわれ、2位トッテナムは15位ボーンマスに4対0と快勝。チームの2点目を挙げたソン・フンミンが、韓国人選手として欧州リーグにおける1シーズンの得点記録を更新している。

 この試合に勝てば、翌日に試合を控える首位チェルシーとの差を4ポイントまで縮めることができるトッテナム。56年ぶりのリーグ制覇へ向け、チェルシーにプレッシャーをかけたいトッテナムは16分、CKからデンベレが今季リーグ戦初ゴールを決めて先制する。

 するとその3分後、ケインの落としからソン・フンミンがGKを破る。今季公式戦19点目を挙げた同選手は、欧州リーグにおける韓国人選手の1シーズンの得点記録を31年ぶりに更新した。トッテナムは後半に入ると48分にケイン、アディショナルタイムにはヤンセンにもゴールが生まれ、ホームで快勝。翌日にマンチェスターUとの試合を控えるチェルシーに、圧力をかけることに成功している。

 4位マンチェスターCは、吉田麻也所属の9位サウザンプトンに3対0で勝利した。55分、主将のコンパニーがCKから自身20カ月ぶりのゴールを挙げて先制する。その後、77分にザネ、80分にアグエロが決め、相手に反撃を許さず勝利した。吉田はフル出場している。

 岡崎慎司所属の11位レスターは、16位クリスタルパレスに2対2と引き分け。フートとヴァーディが決め、敵地で2点を先行するも、54分にカバイェ、70分にベンテケにゴールを許し追い付かれた。岡崎はベンチ入りするも出場機会はなかった。

 7位エヴァートンは、12位バーンリーに3対1と勝利。得点ランク首位を快走するルカクがリーグ戦24点得目を挙げた。エヴァートンはこれで、3試合消化の少ないマンチェスターUを得失点差でかわし暫定5位に浮上した。

 そのほか、残留争いでは、最下位サンダーランドが14位ウェストハムと2対2のドロー。18位スウォンジーは10位ワトフォードに0対1と敗戦し、17位ハルも13位ストークに1対3と敗れている。(STATS-AP)

最終更新:4/16(日) 12:06
ISM