ここから本文です

ロッテ・涌井が今季初勝利 名物強風「利用できた」

デイリースポーツ 4/16(日) 6:03配信

 「ロッテ1-0西武」(15日、ZOZOマリンスタジアム)

 風速15メートル前後の強風を友にして、ロッテ・涌井秀賞投手(30)が今季初勝利を挙げた。7回を116球。三塁を踏ませなかった。

 「とにかく腕を振って力で押しました」と話し、「ストライクゾーンを使った。(投球の)原点ですね」とサラリと振り返った。

 左翼から一塁方向へマリン名物が吹き荒れた。「ストレートが伸びる特性がある。縦の変化球はいつもより曲がった。風を利用できたかな」。真っすぐを低めに意識し、フォークなどの変化球を効果的に交えた。集中力で与四球は1、奪三振は8だった。

 西武時代はマリンが苦手だった。移籍して4年目。今では主(あるじ)だ。チームは下位に低迷しているが「またみんなで乗っていける」と鼓舞。強風はいつの間にか収まっていた。

最終更新:4/16(日) 8:41

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/27(土) 21:20