ここから本文です

金庫の百数十万円、手付けず=遺棄容疑の男、物色せず逃走か―警視庁

時事通信 4/16(日) 8:29配信

 東京都杉並区の無職上田美恵子さん(62)殺害事件で、100万円以上入った金庫に手が付けられていなかったことが、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁荻窪署捜査本部は、死体遺棄容疑で逮捕した青木啓之容疑者(52)が事件後、金を奪おうとせずに逃走したとみて、詳しい状況を調べている。

 捜査本部によると、金庫は2階の押し入れにあり、中には現金百数十万円と書類などが入っていた。簡単に開く状態になっていたにもかかわらず、中身を持ち去ろうとした形跡はなかった。

 室内に荒らされた様子はなく、財布も残されていた。上田さんの親族が2月に訪れた際、玄関は施錠されていたという。 

最終更新:4/16(日) 8:35

時事通信