ここから本文です

浦和レッズがリーグ3連勝…興梠慎三の2戦連発弾でFC東京に完封勝利/J1リーグ第7節

GOAL 4/16(日) 16:06配信

■J1第7節 FC東京 0-1 浦和
FC東京:なし
浦和:興梠(14分)

明治安田生命J1リーグ第7節が16日に行われ、味の素スタジアムではFC東京と浦和レッズが対戦した。試合は1-0で浦和がFC東京を下し、リーグ戦3連勝を飾った。

前節、FC東京は北海道コンサドーレ札幌に敗れ、2試合連続で白星を逃した。一方、浦和は前節のベガルタ仙台戦で7-0の大勝。AFCチャンピオンズリーグでも強豪・上海上港(中国)を破り、調子を上げている。

最初のチャンスはホームのFC東京。2分、ペナルティエリア内で永井謙佑からパスを受けた阿部拓馬がシュートを放ったが、ここはGK西川周作がなんとか弾き返した。

スコアが動いたのは14分。カウンターからラファエル・シルバがボールを持ち上がると、前線へスルーパスを送る。これを受けた興梠慎三がDFをブロックしながら左足でワンタッチシュート。ゴール右下に流し込み、浦和が先制に成功した。興梠はハットトリックを達成した前節に続き、2試合連続ゴールとなった。

FC東京は19分に右サイドでFKを獲得。東慶悟が上げたクロスに梶山陽平が飛び込んだが、ボールは左に外れてしまった。

その後は膠着状態が続き、1-0のまま前半終了を迎える。浦和は後半立ち上がりの51分に菊池大介を下げ、関根貴大を投入した。74分、ラファエル・シルバがドリブルでボールを持ち上がり、ふわりとした浮き球のパスを興梠へ送る。ペナルティエリア内の興梠は左足で反転シュートを狙ったが、ここはGK林彰洋が反応してピンチを凌いだ。

このまま浦和がリードを守りきり、1-0でFC東京を下した。

GOAL

最終更新:4/16(日) 16:06

GOAL