ここから本文です

【RIZIN】野沢直子の長女・真珠が大胆ミニでリングイン、参戦挨拶

4/16(日) 18:52配信

イーファイト

 4月16日(日)横浜アリーナにて開催された『RIZIN 2017 in YOKOHAMA』の第3試合終了後、年内にRIZINでのプロデビューが発表された真珠・オークライヤー(23歳/アメリカ/スコーピオン・ファイティング・システム)がリングに登場。参戦へ向けて挨拶を行った。

【フォト】真珠の全身ショット

 真珠はかつて人気タレントとして活躍した野沢直子の長女。アメリカで生まれ育った真珠は、6歳から空手を習っており、打撃の練習で初めてパンチを顔面に受けた時、あまりの気持ち良さにプロのリングを目指すことを決意したという。

 昨年からは柔術のトレーニングも開始し、今年2月に迎えたアマチュアMMAデビュー戦では当時5戦全勝の相手に判定勝ち。この試合の模様は日本テレビの人気番組『有吉ゼミ』でも放送され、瞬間最大視聴率13.3%を記録するなど、その美貌とスタイルの良さも含めて大きな話題となった。

 真珠は真っ赤なワンピースで大胆にロープをまたいでのリングイン。「今度RIZINでデビューします。必ず日本の皆さんにエキサイティングな試合をお見せます。チャンスだと思っています。すでにトレーニングしていますが、さらにトレーニングしてRIZINのリングに上がります」と、英語と日本語で挨拶した。

最終更新:4/16(日) 23:53
イーファイト