ここから本文です

ジュビロ磐田、終了間際に鳥栖を逆転…ヤマハで10カ月ぶり勝利/J1リーグ第7節

GOAL 4/16(日) 17:27配信

■J1第7節 ジュビロ磐田 2-1 サガン鳥栖

ジュビロ磐田:アダイウトン(89分)、ムサエフ(90+4分) 

サガン鳥栖:豊田(88分)

明治安田生命J1リーグ第6節で今季初の複数失点を喫したジュビロ磐田が、ホーム・ヤマハスタジアムに、2戦連続3得点と攻撃陣が好調なサガン鳥栖をホームに迎えた。

序盤、鳥栖に何度となくディフェンスラインの裏を狙われるも、磐田はDF大井健太郎を中心とした3パックが組織的な守備で防ぐ。30分以降は、磐田らしい丁寧なパス回しを見せ、ゴール前までボールを運ぶも、フィニッシュの精度に欠いた。

鳥栖は、ハーフタイムでMF原川力を投入する。後半早々、磐田にFKのチャンス。MF中村俊輔がCK付近から蹴ったボールは、FW川又堅碁を目指すも相手守備陣に阻まれる。また、54分から3度続けてCKを得るが、全てクリアされた。59分には、左サイドからの低いボールを走り込んできたDF櫻内渚がダイレクトでシュートを放つも、相手GKに防がれる。

先制点を挙げたのは鳥栖。88分に、CKからのクロスをFW豊田陽平がヘディングシュート。GKカミンスキーが触るもゴールイン。しかし、直後の89分に磐田が追い付く。ロングボールを受けた中村がペナルティエリア内左から上げたやわらかいクロスをアダイウトンがダイレクトで合わせた。

後半アディショナルタイムに入ると、互いにチャンスを作る展開となるが、勝負を決めたのは磐田のMFムサエフ。ゴール前へのクロスを鳥栖DFがクリアするもの、走り込んできたムサエフが強烈なシュートを放ち、逆転に成功した。

終了間際に試合が大きく動いた一戦は、磐田が2-1で勝利。エコパスタジアムで行われた第5節・清水エスパルス戦に続き、ホーム2連勝となった。なお、ヤマハスタジアムでの勝利は、2016年6月25日に行われた1stステージ第17節・ベガルタ仙台戦以来、10カ月ぶり。鳥栖は3試合ぶりの黒星となった。

GOAL

最終更新:4/16(日) 17:27

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合