ここから本文です

【高崎少年野球】矢中ビクトリー初優勝 45チームの頂点に 群馬

産経新聞 4/16(日) 7:55配信

 高崎市内の少年野球チームが一堂に会した第37回全日本少年(学童)野球大会高崎大会兼第53回全国スポーツ少年団野球大会高崎大会(産経新聞前橋支局後援)の準決勝、決勝が15日、高崎市八千代町の和田橋球場で行われ、矢中ビクトリーが八幡ホークスを12-5で破って初優勝、参加45チームの頂点に立った。

 決勝戦後、表彰式が行われ、高崎野球連盟学童部の武井道夫部長から優勝した矢中に優勝旗とトロフィーが手渡され、選手一人一人にメダルが授与された。

 選手たちは、優勝旗を手にした増渕晟聖(じょうせい)主将(11)を先頭に誇らしげにダイヤモンドを一周、父母らに見守られながら初優勝の喜びをかみしめた。江原英伸監督は「猛練習を重ねた選手たちの努力の結果。褒めてやりたい」と語った。

 矢中ビクトリーと八幡ホークス、新高尾ジャガーズ、城東リトルエンジェルスの上位4チームは22日から、上毛新聞敷島球場で開催される「全日本学童」県大会に出場する。

 

 【和田橋球場】

 ▽準決勝

城 東200 002 04-8

八 幡202 000 04-8

 (抽選で八幡が勝利)

(城)田口(就)-西藤

(八)櫻井-中曽根

 ▽三塁打=林慶、林裕(八)▽二塁打=須藤、飯塚蓮、青木(城)、林裕、黒田(八)

矢 中000 032 3-8

新高尾200 000 0-2

(矢)島田-江原

(新)大澤(翼)-高橋

 ▽二塁打=逸見大(矢)、今井(新)

 ▽決勝

矢 中143 211-12

八 幡211 010-5

 (六回コールド)

(矢)堀口-江原

(八)中曽根-櫻井

 ▽二塁打=斎藤花2、斉藤大、増渕2、江原(矢)

最終更新:4/16(日) 7:55

産経新聞