ここから本文です

谷原、V争い残った!「重い」風と苦闘も首位と5差/米男子

サンケイスポーツ 4/16(日) 7:00配信

 米男子ゴルフ・RBCヘリテージ第2日(14日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランド、ハーバータウンGL=7099ヤード、パー71)11位から出た谷原秀人(38)=国際スポーツ振興協会=は3バーディー、2ボギーの70で回り通算5アンダーで首位と5打差の16位に後退した。石川遼(25)=CASIO=は通算4オーバーで出場3試合連続の予選落ち。ルーク・ドナルド(39)=英国=とグラハム・デュレット(35)=カナダ=が通算10アンダーで首位に並んだ。

 パーオン率50%と風に悩まされた谷原はスコアを1つ伸ばすにとどまり、11位から16位に。4番で9メートルをねじ込むなど得意のパットでピンチを何度も切り抜けた。「海(沿い)だから風が重い。いいショットが5ヤードは短かった。スコアが伸びていないのはラッキー。明日が大切になる」。週末の優勝争いへ気持ちを切り替えた。

最終更新:4/16(日) 7:00

サンケイスポーツ