ここから本文です

「丼まつり」メニューお披露目 GWに和歌浦漁港で開催 和歌山

産経新聞 4/16(日) 7:55配信

 ■ボリューム満点「はみだし天丼」豪華な「海鮮五色丼」…

 ゴールデンウイークに和歌浦漁港「おっとっと広場」(和歌山市新和歌浦)で開かれるイベント「丼まつり」を前に、イベント期間中に提供される料理の報道関係者向け試食会が15日、同広場で行われた。

 イベントは毎年恒例で、今年で5回目を迎える。今回は新メニュー9種類を含む約20種類の丼料理を用意。多くのメニューは500~700円の手頃な価格帯で購入できる。

 新メニューの1つ「海鮮はみだし天丼」(600円)は、その日獲れたばかりの新鮮な魚介類を器からはみ出るほどふんだんにのせた丼で、南高梅とワカメをあえたソースが合う一品。3月に漁を終えたばかりのアシアカエビを使った「足赤エビ天丼」(700円)、釜揚げシラスと勝浦漁港で水揚げされたマグロをのせた「紀州丼」(700円)も販売される。

 また、マグロ、イカ、イクラ、カニ、エビがのった豪華な「海鮮五色丼」(2000円)や、食べたい具材をお好みでのせることができる「お好み丼」(価格はのせる具材次第)も、新メニューとして登場。丼料理以外にもラーメンやカレーなどが用意されている。

 同広場の担当者は「来場する皆さまに満足していただけるよう、がんばりたい」と話している。

 丼まつりはゴールデンウイーク期間中の29、30日と5月3~7日の午前10時~午後2時に開催。

 問い合わせは同広場(電)073・446・3308。

最終更新:4/16(日) 7:55

産経新聞