ここから本文です

ロッテ・涌井、「待っていました」初勝利!強風を味方に7回無失点

サンケイスポーツ 4/16(日) 7:00配信

 (パ・リーグ、ロッテ1-0西武、2回戦、1勝1敗、15日、ゾゾマリン)ロッテは15日、西武2回戦(ZOZOマリン)に1-0で勝利した。開幕投手を務めた涌井秀章投手(30)が先発し、7回4安打無失点。毎回の8奪三振で三塁を踏ませず、今季3試合目にして初勝利を挙げた。

 「風でストレートが浮くし、変化球はいつも以上に曲がる。それをうまく利用できた」

 左翼から本塁方向へ、風速15メートル前後の強風が吹き続けた。経験豊富な右腕は、最速146キロの直球にフォークボールを効果的に織り交ぜ、西武打線に的を絞らせず。七回二死一、二塁で山川を遊ゴロに仕留め、涼しい顔で救援陣にマウンドを託した。

 投球だけではなく、口もさえた。ヒーローインタビューでは「(初勝利を)ファンのみなさんよりも待っていました」と第一声。四回に決勝打を放った細谷には「(二回の)バント失敗のあとにタイムリーを打ったのでいけると思った」と、味方にも強烈なストレートを見舞った。

 「どこかで見ているのではないですかね」

 昨年11月に結婚したモデルの押切もえ(37)の話題になると、わずかに表情を崩した。西武先発の野上も3月に元モーニング娘。でタレントの石川梨華(32)と結婚したばかりの新婚だったが、投げ勝った。まだ白星のない石川、唐川の後輩には「お先に」とニヤリ。「完封は次回にこうご期待」とどこまでも冗舌だったエースが、乗っていきそうだ。

最終更新:4/16(日) 8:42

サンケイスポーツ