ここから本文です

<フィギュア>羽生と荒川、金メダリストのモニュメント設置

毎日新聞 4/16(日) 15:28配信

 日本のフィギュアスケート発祥の地とされる仙台市の五色沼をアピールし、男子で2014年ソチ五輪金メダルの羽生結弦(ANA)と、女子で06年トリノ五輪金メダルの荒川静香さんの同市ゆかりの2人の偉業をたたえるモニュメントが16日、同市青葉区の地下鉄国際センター駅前に設置され、除幕式に2人が出席した。

 羽生が公のイベントに出席するのは最近では珍しい。会場には羽生目当ての多くのファンがつめかけた。式で羽生は「競技はいつまでも続けられるものではない。技術的な問題、体力的な問題もあり、いつか引退という言葉が来る。こういうモニュメントや演技、記録は後世に残り、歴史として語り継がれると感じた」と感謝。「オリンピックの金メダルは競技人生で最高峰だが、通過点」とさらなる飛躍を誓った。

最終更新:4/16(日) 15:40

毎日新聞