ここから本文です

田沢、ラッキー今季初勝利 被弾直後に味方打線が逆転に成功

デイリースポーツ 4/16(日) 11:00配信

 「マーリンズ5-4メッツ」(15日、マイアミ)

 マーリンズの田沢純一投手(30)は1点を追う八回に3番手で登板し、1死からソロ弾を浴びて1回1安打1失点。しかし、その直後に味方打線が逆転に成功し、昨年8月31日以来の白星で今季初勝利を手にした。

 2試合ぶり、今季6度目のマウンドに上がった田沢は1死からカブレラにソロ本塁打を許した。カウント2-2から内角高めの151キロ直球を右翼席2階に運ばれた。しかし、その後はもち直し、セスペデスを空振り三振に仕留めるなど、後続を断った。

 味方打線が爆発したのはその直後だ。八回1死一塁の場面で3番・イエリチが右中間へ2号2ランを放って同点に追いつくと、主砲スタントンがセンターへ逆転の3号ソロ。1点リードの九回を守護神・ラモスが締めて、田沢が勝利投手となった。

最終更新:4/16(日) 11:20

デイリースポーツ