ここから本文です

日本政府、北朝鮮に厳重抗議 「明白な安保理決議違反」

朝日新聞デジタル 4/16(日) 18:25配信

 日本政府は16日、弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対し、「(国連の)安保理決議等への明白な違反。度重なる挑発行為を断じて容認できない」として、中国・北京の大使館ルートを通じて厳重抗議した。

 首相官邸の危機管理センターに設けた「北朝鮮情勢に関する官邸対策室」は、ミサイルの発射直後から関係各省の情報を集めて分析にあたった。ただ、日本の安全保障に直接影響する状況ではないとみて、首相や閣僚らは登庁せず、記者会見などは開かなかった。

 外務省関係者は「北朝鮮は今回の失敗を受けて問題点を改善し、再度ミサイル発射を試みるかもしれない。核実験の可能性も消えていない」と指摘。米国や韓国とも連携して、なお警戒態勢を続ける構えだ。(大久保貴裕)

朝日新聞社

最終更新:4/16(日) 18:25

朝日新聞デジタル