ここから本文です

柳沢慎吾、警察無線ものまねの腕がハリウッドに認められる

デイリースポーツ 4/16(日) 12:24配信

 タレント・柳沢慎吾(55)が16日、大阪市内で行われた映画「ワイルド・スピード ICE BREAK」(28日公開)のイベントに参加した。

 映画の日本語吹き替え版でNY市警の警官(無線)の声優を務めた柳沢は、警官衣装で登場すると「警察無線のまねがうまいヤツがいるとハリウッドに伝わり、起用されました。なんて優しいんだ」と大喜び。「この前は日本一長い始球式をやったので、きょうは日本一長いイベントだ」と、警察ひとりコントや、高校野球のサイレン音など、小ネタをはさみまくる賑やかなトークを展開した。

 イベントでは映画の収録に実際に使われた車「ワイスピカー」が登場したが、お披露目前に柳沢は「えっ、やっていいの?」と、お約束の高校野球ネタを開始。「夏の甲子園の準々決勝の九回裏」をテーマに、延々とコントが続いたが、この日は短めの約4分で終了。「俺も昔はイケイケだったけど、55になって、早く終われという空気は読めるようになってきた」と苦笑いしていた。

最終更新:4/16(日) 13:01

デイリースポーツ