ここから本文です

ルーキー糸原気吐く一打 プロ初長打が初適時打

スポニチアネックス 4/16(日) 8:00配信

 ◇セ・リーグ 阪神1―7広島(2017年4月15日 甲子園)

 昨年、3戦して2勝を献上した広島・岡田の前にチームが4安打に封じられる中、ルーキー糸原が虎党を沸かせた。5回2死一塁。初球、真ん中高めの149キロ速球を捉えた鋭い打球は二塁・菊池の頭上を襲い、そのまま右中間フェンスに到達。一塁走者・原口を本塁に迎え入れるプロ初タイムリーで唯一の得点をたたき出した。通算3安打目が初の長打で、初打点。「初ものづくし」の一打で、2戦連続先発起用に、ようやく応えた。

 「1打席目は簡単に3球三振に終わったので、2打席目はつなげられるようにと思っていた。真っすぐにタイミングを合わせられました」

 3回、先頭では初球真っすぐ、2球目スライダーを続けて見逃し、最後は直球に振り遅れて空振り三振に終わっていた。試合前のフリー打撃では最初の4、5球をヒットエンドランのように上から叩いて一塁方向に打つ練習を行っていた。あらゆる場面を想定して準備し、すぐさま結果につなげるあたりは、並のルーキーではない。

 金本監督も糸原の長所を再確認した。「やっぱり真っすぐは振り負けないね。昨日(14日)も良い当たり(結果は一ゴロ)をした。加藤の速球を。今、本当にチームに求めている打撃かもしれない」。4回まで完全投球され、チーム初安打した福留が打ったのはカーブ。打線全体が苦しめられた岡田の速球を打ったことにも意味がある。

 7回2死一、二塁でも直球を捉え鋭い打球を放ったが遊ゴロに終わった。「3打席目もヒットを打ちたかった。結果にもこだわりつつ、監督や打撃コーチに教わっていることを試合で出せるようにしたい」。16日も先発起用が濃厚。北條不振で舞い込んできたチャンスを何が何でもモノにしたい。(巻木 周平)

最終更新:4/16(日) 8:00

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報