ここから本文です

「怒り、不安のぶつけどころがない」会長逮捕で保護者会

朝日新聞デジタル 4/16(日) 21:38配信

 リンさんが通っていた松戸市立六実第二小学校で16日夕、臨時の保護者説明会が開かれた。全校児童231人中、172人の保護者が参加。保護者会長が逮捕された衝撃は大きく、会場は静まりかえった。

【写真】松戸市立六実第二小学校(後方)で開かれる臨時の保護者会に向かう人たち=16日午後3時54分、千葉県松戸市、山本裕之撮影

 市教委によると、学校側は、児童にGPS付き携帯電話の持ち込みを許可し、保護者も利用できるスクールカウンセラーを当面常駐させる方針を説明した。保護者会長で、通学路に熱心に立っていた渋谷恭正容疑者(46)の逮捕で見守り活動の信頼が揺らぐなか、副会長は活動の継続に理解を求めた。

 2人の息子を通わせる山田栄行さん(48)は「(会長の逮捕は)特殊なケース。これまで通り活動を続けていくしかない」。別の男性(42)は「渋谷容疑者は会長という仕事を引き受け、他に担い手がいなかった。自分たちが無関心だったことに自責の念がある。怒り、不安のぶつけどころがない」。5年生の娘の父親(39)は「学校としても地域としても重い課題を突きつけられた。答えが出ない」と語った。

朝日新聞社

最終更新:4/16(日) 22:15

朝日新聞デジタル