ここから本文です

羽生「後世に語り継がれるもの」“レガシー”の設立に感謝

4/16(日) 14:29配信

デイリースポーツ

 フィギュアスケートの羽生結弦(22)=ANA=と荒川静香さん(35)が16日、仙台市内で行われたフィギュアスケートモニュメント除幕式に出席した。

【写真】羽生が雄叫びの圧巻の演技でドヤ顔 「よっしゃ~、見たかぁ~!」

 グレーのスーツとアーガイル柄のネクタイでシックにきめた羽生は「競技はいつまでも続けられるものじゃない。技術的な問題もあり、体力的な問題もあり、いつかは引退という言葉が来るかと思う。ただ、こういったモニュメントや僕たちの演技、記録はいつまでも後世に残って歴史として語り継がれるものだとあらためてこの場で感じた」と、“レガシー”とも言えるモニュメントの設立に感謝。「五輪の金メダルは、競技人生の中では最高峰と言えるものかもしれないが、まだまだ僕にとっては通過点」とさらなる活躍を誓った。

 また「このモニュメントを見ることで、また新たな金メダリストがこの仙台から生まれることを心から願っています」と次世代のスケーターの成長にも期待を寄せた。

 荒川さんは「長年選手を続けてきて、いまではプロとして氷の上に立っているけど、羽生選手の活躍を応援することがフィギュアスケート界にとっても私自身にとっても本当に幸せな機会になっていると思う。今後も仙台からフィギュアスケート選手として活躍する選手がたくさん巣立ってくれることを願っている」と話した。