ここから本文です

<千葉女児殺害>不明の朝、複数防犯カメラに遺棄容疑者の車

毎日新聞 4/16(日) 21:08配信

 千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小3年だったレェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=ベトナム国籍=が遺体で見つかった殺人・死体遺棄事件で、女児が行方不明になった3月24日朝、女児の自宅周辺にある複数の防犯カメラに、同小の保護者会会長で自称不動産賃貸業、渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)=死体遺棄容疑で逮捕=の軽乗用車が映っていたことが捜査関係者への取材で分かった。県警捜査本部は、渋谷容疑者が面識のあった女児を軽乗用車で連れ去った可能性があるとみて調べている。

 捜査関係者によると、女児が自宅を出た後、渋谷容疑者の軽乗用車が女児宅周辺を走っている映像が、複数の防犯カメラに記録されていた。

 住民らによると、渋谷容疑者はほぼ毎日、歩いて自分の子供を学校まで送り届けた後、通学路の見守り活動に参加していた。しかし24日朝は軽乗用車で子供を送り、見守り活動に参加しなかったという。

 松戸市教委などによると、女児は他の児童より10分程遅く1人で登校することが多かった。渋谷容疑者は登下校中の女児とハイタッチするなど面識があったとみられる。

 捜査関係者によると、渋谷容疑者は取り調べの中で雑談には応じるものの、事件については黙秘を続けているという。【斎藤文太郎、信田真由美、円谷美晶】

最終更新:4/16(日) 21:24

毎日新聞