ここから本文です

DeNA・クライン2勝目 投打で活躍「最高の気分」

デイリースポーツ 4/16(日) 15:53配信

 「DeNA6-3ヤクルト」(16日、横浜スタジアム)

 DeNAが今季初のカード勝ち越し。先発・クラインは5回1/3、4安打3失点で2勝目(0敗)を挙げた。七回は3番手として山崎康が登板。八回は三上がつなぎ、九回はパットンが抑えて来日初セーブを挙げた。

 初回、ロペスの3号ソロで1点を先制。1-2の四回は2死満塁からクラインの右前2点適時打で逆転。五回はロペス、倉本の適時二塁打で2点を追加。5-3の七回は戸柱の適時打で6-3とした。

 投打に活躍のクラインは「最高の気分です。粘り強くしっかりゲームを作れ、自分も打てて良かった。バットにボールを当てることを考えランナーを返すことができた」と喜びを表した。

 ロペスは「今季はまだ勝ち越しがなかったので勝とうと思って臨んだ。(本塁打の)感触は完璧だった。(追加点打は)後ろに筒香もいたのでつなごうと思った。(中継ぎ登板の山崎康には)一昨日のことは忘れて頑張っていこうと声をかけた」と語った。

 ヤクルトは0-1の三回に雄平の犠飛とバレンティンの2号ソロで1度逆転。2-5の六回はバレンティンの2打席連続となる3号ソロで1点。

 先発・オーレンドルフは五回途中5失点で1敗目。

最終更新:4/16(日) 17:55

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/30(日) 6:40