ここから本文です

ドジャー・スタジアムでジャッキー・ロビンソン氏の銅像除幕式

スポーツ報知 4/16(日) 13:02配信

 ドジャースは15日(日本時間16日)、黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソン氏の銅像除幕式をドジャー・スタジアムで行った。

 70年前の1947年4月15日にメジャーデビューしたロビンソンの功績をたたえる式典には、レイチェル夫人をはじめシャロンとデビッドの娘と息子や親族、チームメイトだったドン・ニューカム氏、サンディ・コーファックス氏、トミー・ラソーダ氏、初の黒人監督となったフランク・ロビンソン氏が出席。球団からはマジック・ジョンソンオーナー、スタン・カステン社長が列席した。スピーチに立ったマジック・ジョンソンオーナーは「自分にとってのヒーローはモハメド・アリ、そしてジャッキー。野球を超えてインパクトを与えた」と讃えると、昨年まで名物アナウンサーとして活躍したヴィン・スカリー氏も「ジャッキーとスケートに行ったことがあるんだ。ジャッキーは初めて、レイチェルは妊娠7か月だった」とエピソードを明かし、満員の会場から笑いが漏れた。

 最後にシャロンとデービッドの姉弟がお礼の言葉を述べた後に除幕が行われ、ジャッキー・ロビンソンの銅像がお目見え。ホームに滑り込もうとする、躍動感あふれる銅像に大歓声が起こった。

最終更新:4/19(水) 22:01

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/1(月) 1:35