ここから本文です

阪神が逆転勝ちでカード勝ち越し 原口が決勝打 広島は初のカード負け越し

デイリースポーツ 4/16(日) 16:50配信

 「阪神2-1広島」(16日、甲子園球場)

 阪神が逆転勝ちでカード勝ち越しを決めた。

【写真】阪神・金本監督 ド迫力の猛抗議! 原口の決勝打呼んだ

 1-1の同点の八回、2死一、二塁から原口の左前適時打で勝ち越した。

 能見が5回1失点。桑原が2回、マテオ、ドリスが1回ずつを無失点と好投。マテオは2勝目。ドリスが6セーブ。

 広島は初回に鈴木の犠飛で先制したが、その後阪神投手陣に封じられ、好投の九里を援護できなかった。今季5カード目で初のカード負け越しとなった。

最終更新:4/17(月) 10:54

デイリースポーツ