ここから本文です

保護者会の活動継続=小3女児事件で説明会―千葉

時事通信 4/16(日) 20:05配信

 千葉県我孫子市でベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件で、リンさんが通っていた同県松戸市立六実第二小学校で16日、緊急の保護者説明会が開かれた。

 
 市教育委員会によると、説明会には172人が参加。死体遺棄容疑で逮捕された渋谷恭正容疑者(46)が会長を務める保護者会の活動について、副会長から従来通り続ける方針が示された。伊東隆志校長は「一日も早く正常な教育活動ができるようにしていく」と述べた。

 参加した男性は「(渋谷容疑者は)子供の見守り活動を担っており、頼りにしていたのでまさかという気持ち。(見守りを)数人に任せきりだったのも良くなかったと思う」と話した。男性によると、質疑応答の時間が設けられたが、沈痛な雰囲気で質問は出ず、約20分間で終了したという。

 子ども2人が同校に通う40代の女性は「穏やかな人だと思っていたが、物言いがきついと言う人もいた。これで落ち着いてほしい」と語った。 

最終更新:4/17(月) 1:44

時事通信