ここから本文です

阿蘇大橋、20年度開通=熊本地震で崩落―国交省

時事通信 4/16(日) 21:31配信

 国土交通省は16日、昨年4月の熊本地震で崩落した阿蘇大橋(熊本県南阿蘇村)について、新たな橋を2020年度に開通させる方針を発表した。

 崩落現場より約600メートル下流に設置予定。一部通行止めとなっている国道57号の新ルートも20年度の全線開通を目指す。

 また、一部区間が運休中の第三セクターの南阿蘇鉄道(本社・熊本県高森町)の復旧について、設計から工事完了まで最長で5年程度かかるとの見込みを公表した。65億~70億円程度の費用が必要とみている。

 九州自動車道は益城熊本空港インターチェンジ―松橋インターチェンジ間で車線規制が行われているが、今月28日までに地震前の4車線に復旧する見通しだ。 

最終更新:4/16(日) 21:35

時事通信