ここから本文です

小笠原と曽ケ端が500試合出場=J1鹿島

時事通信 4/16(日) 21:32配信

 J1鹿島のMF小笠原満男(38)とGK曽ケ端準(37)は第7節の仙台戦(16日、ユアテックスタジアム仙台)に出場し、ともにJ1通算500試合出場を果たした。同じチームの選手が同時に記録するのは初めて。達成者は8人となった。

 小笠原は先発して後半40分で退いた。初出場は1998年4月15日のG大阪戦。曽ケ端はフル出場した。初出場は1999年5月8日の福岡戦。 

最終更新:4/16(日) 21:34

時事通信