ここから本文です

新潟 開幕7戦目で待望の初勝利 高卒新人・原のプロ初ゴールが決勝点

スポニチアネックス 4/16(日) 15:43配信

 明治安田生命J1リーグは16日、各地で第7節が行われ、新潟が昨季途中まで指揮官だった吉田達磨監督率いる甲府を2―0で下し、開幕7戦目にして待望の今季初勝利を挙げた。

 前半11分、CKの折り返しを高卒新人の18歳DF原がダイビングヘッドで豪快に決めて先制すると、後半7分には、5年ぶりに新潟へ復帰したDF矢野も移籍後初得点となるゴールをヘディングで決めて2点をリード。そのまま逃げ切り、チームは区切りのJ1通算150勝となった。

 三浦監督は「正直ホッとしています」と安どの表情。「本当に大きな一歩、前進だと思う。ただ、まだまだほんのスタート。ここからがスタートだと思うので次に向けていい準備をしていきたい」としながらも「新潟から多くのサポーターが来てくれて、今季の公式戦の初勝利と150勝をプレゼントすることができて本当にホッとしている。本当にありがたいです」と勝利の味をかみしめた。

 また、チームにとって大きな1勝をもたらすこととなった原は「これからも勝利を届けられるように努力していきたい」と初々しくプロ初ゴールを振り返った。

最終更新:4/16(日) 16:25

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合