ここから本文です

桂歌丸が肺炎で入院…20日まで休演

スポーツ報知 4/16(日) 22:20配信

 落語家・桂歌丸(80)が16日、肺炎のため横浜市内の病院へ入院したことが分かった。

 歌丸が会長を務める落語芸術協会によると、同日朝に体調不良を訴え、病院で肺炎と診断され、そのまま入院が決まったという。現在は、国立演芸場の4月中席(11~20日)に出演中。15日までは休むことなくトリで「中村仲蔵」を口演していたが、入院に伴い、16日から千秋楽の20日まで休演することも発表された。

 歌丸は1月2日に肺炎で入院し、同月18日に退院していた。

最終更新:4/16(日) 22:20

スポーツ報知