ここから本文です

【大宮】ハリル・ジャパン注目の江坂、季初ゴールも「守り切れないからこの順位」

スポーツ報知 4/16(日) 23:05配信

◆明治安田生命J1リ―グ 第7節 清水1―1大宮(16日・IAIスタジアム日本平)

 最高の立ち上がりだった。前半6分。FW大前が左から一気に右へサイドチェンジ。オーバーラップしたDF渡部のクロスをニアで合わせたのはMF江坂。頭で見事な先制弾。「立ち上がりから自分たちのペースでサッカーを進められた。その中で先制点を取れた」。3月11日の磐田戦以来となるチームの今季2点目。敵地で先手を奪い、歓喜の瞬間となった。

 今季チームは開幕から6連敗の泥沼。ロシアW杯アジア最終予選の予備登録メンバーに選出された江坂もこれまで無得点だった。やっと生まれた今季1号。「ここまでの試合、後ろの選手に(対して)点が取れなくて申し訳ない。やっと点を取れた」。そのまま勢いに乗って、前半は1人でチームの全シュートとなる4本を放った。

 だが、チームはその1点を守りきることができず、1―1のドロー。「最後のあの時間帯に失点するのが自分たちの力。あそこを守りきれないからこの順位にいる」と勝ち点3をつかめかなったことをつかんだ。開幕からの連敗は6でとめたが、J1で唯一の未勝利。「(勝ち点が)0から1になったのをポジティブに考えるしかない。次もアウェーですけど、全員で戦っていきたい」と前を向いた。

最終更新:4/17(月) 12:48

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合