ここから本文です

石橋杏奈「宮沢賢治の食卓」でバイオリン初挑戦「上手でない設定で幸い」

スポーツ報知 4/17(月) 5:52配信

 女優の石橋杏奈(24)が、WOWOW「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」(6月スタート、土曜・後10時、全5回)に出演することが16日、分かった。主演の俳優・鈴木亮平(34)演じる国民的作家・宮沢賢治の妹、宮沢トシ役に挑む。

 同ドラマは魚乃目三太氏の人気漫画が原作。大正10年に岩手・花巻の裕福な実家から上京し、「雨ニモマケズ」「銀河鉄道の夜」など日本を代表する作品を生み出した宮沢賢治が愛した食やクラシック音楽を通して、家族や親しい人とのつながりが描かれる。

 石橋が演じるのは、宮沢賢治の最愛の妹で、一番の理解者である宮沢トシ。花巻で女学校の音楽教師として働き、大病を患い24歳で亡くなる役どころだ。鈴木とはこれまで数回共演しているが、「がっつりとご一緒できるのは今回が初めてなので、すごく楽しみです。どんな兄妹愛が出来上がるのかワクワクします」と胸を弾ませる。

 劇中ではバイオリンに初挑戦する。自身は小学2年までピアノを習った経験はあるが、バイオリンは触るのも初めてで「全く分からないところからのスタートでした」。現在、悪戦苦闘しながら撮影に臨んでおり「特にすごく上手という設定ではないのが幸いでした(笑い)。トシはバイオリンが好きでたまらないという役なので楽に、楽しく、演奏できたらなと思います」と力を込めた。

 石橋は14歳で芸能界デビューし、大きな瞳の清純派美人として人気に。女優、モデルで活躍するほか、12年から今年3月までNHK「LIFE!~人生に捧げるコント~」でコミカルなコントに挑戦するなど、様々な顔を見せてきた。初挑戦のバイオリンで、また一つ、新たな魅力が加わる。

 ◆石橋 杏奈(いしばし・あんな)1992年7月12日、福岡県生まれ。24歳。2006年「ホリプロタレントスカウトキャラバン」で3万8224人からグランプリに輝く。07年、テレビ朝日系ドラマ「失踪HOLIDAY」で女優デビュー。08年「きみの友だち」で映画初主演。同年から11年まで女性誌「セブンティーン」の専属モデルとして活躍。今年11月公開の映画「泥棒役者」にヒロイン役で出演。身長163センチ。

最終更新:4/17(月) 14:50

スポーツ報知