ここから本文です

【DeNA】山崎康7回に3人斬り!復調へ配置転換

スポーツ報知 4/17(月) 7:03配信

◆DeNA6―3ヤクルト(16日・横浜)

 2点リードの7回。満員のハマスタに、DeNA・山崎康の登板を告げる「Kernkraft 400」が鳴った。歓声とどよめき。いつもと違うヤスアキジャンプに迎えられ、マウンドに立った。「自分の役割を全うすることが、今やるべきこと」。先頭の中村を右飛に打ち取ると、大引を149キロ直球で見逃し三振、谷内は宝刀ツーシームで空振り三振に仕留めた。

 オープン戦で5試合連続無失点と結果を残し、守護神として開幕を迎えた。だが、ここ2試合は続けてセーブ失敗。14日の試合後、ラミレス監督は配置転換を決断し、本人に伝えた。勝ちにこだわる指揮官は「7回と9回ではストレスが違う。大事なのは個人の成績より、チームの成績」。現状でベストな布陣を取り、右腕の復調を待つ方針だ。

 首脳陣は当面、山崎康を7回に起用し、8回は砂田と三上、9回はパットンに任せる方針。この新・勝利の方程式が決まり、チームは初のカード勝ち越しを決めた。昨季も夏場以降に疲労による不振で抑えから外れた山崎康は「7回を投げることでいろんなことも見えてくると思う。いつかクローザーとしての姿を見せられるように、しっかりやっていきたい」と前を向いた。

最終更新:4/28(金) 5:09

スポーツ報知