ここから本文です

稲村亜美はノーバン投球も自己最速には及ばず 「とにかく悔しいです!」

サンケイスポーツ 4/16(日) 14:12配信

 「神スイング」でおなじみのタレント、稲村亜美(21)が16日、楽天-日本ハム(Koboパーク)で始球式を務めた。日本ハムの先頭・西川に対してノーバウンド投球だったが、ボールは外角を大きく外れて97キロ。自己最速の103キロには及ばず、「97キロ! とにかく悔しいです! 今日はものすごく緊張しました」と振り返った。

 プロ野球公式戦での始球式は9回目。始球式のたびにユニホームの背番号を更新しており、今回は「9」で登場した稲村。「今日を含めて始球式は9回目ですが、天然芝のグラウンド、そしてマウンドと投げ心地も最高で、今回が一番気持ち良く投げれました。昨年、プライベートでKoboパーク宮城に来て、このスタジアムで投げたいという夢も叶い嬉しいです」とコメントした。

 稲村は今月8日の阪神ー巨人(甲子園)での始球式で、自己最速タイの103キロを計測した。

最終更新:4/19(水) 13:27

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報