ここから本文です

ヤクルト・バレンティンが特大の2号ソロ「超気持ちいい」

サンケイスポーツ 4/16(日) 14:24配信

 (セ・リーグ、DeNA-ヤクルト、6回戦、16日、横浜)打った瞬間に本塁打とわかる一発だった。ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(32)が16日、DeNA6回戦(横浜)の三回二死から2号ソロを左翼席にたたき込んだ。

 2番・雄平の左犠飛で1-1の同点に追いついた直後の初球だった。相手先発・クラインが投じた127キロのスライダーをフルスイングすると、打球はきれいな放物線を描き、左翼席最上段に着弾した。

 「打ったのは高めのスライダー。今日は全体的にスライダーが多かったので、スライダーを狙っていました。超気持ちいい」とバレンティン。試合前まで、2試合連続で複数安打を放っている助っ人が、さらに打撃の調子を上げてきた。

最終更新:4/16(日) 14:43

サンケイスポーツ