ここから本文です

「 駅近の方が家の価格が高い」は本当か?東京23区中、22区が駅近のマンション価格が高い傾向あり!

4/16(日) 10:15配信

投信1

‟ 駅近の方が家の価格が高い ”

不動産の購入を検討されたことがある方は、一度は耳にしたことがある話ですよね。また売買のみならず「駅近で賃貸物件を探すと賃料が高くて困った」なんて経験のある方も多いのではないでしょうか。

そこでこの度マンションサプリでは、東京23区内の「駅徒歩5分圏内に存在するマンション」と「駅徒歩5分圏外に存在するマンション」における購入時の平均㎡単価を、相場情報サイト「マンションマーケット」のデータをもとに算出し、価格に差が生じるのか比較しました。

※徒歩1分=80m
※本調査の平均㎡単価とは、購入時の1㎡あたりの価格です。
※調査の対象は、築10年以内の分譲マンションです。
※データは2017年2月23日時点のものです。

調査結果

 東京23区中22区が、駅に近いマンションの方が高い! 

本調査結果において、駅徒歩5分圏外のマンションに比べ、5分圏内のマンションの方が平均㎡単価が高かったのは、東京23区中22区! 

ほとんどの区が駅から近い方がマンション価格が高いという、‟駅近の方がマンションの資産価値が高い”とする一般的な説に通ずる結果となりました。

差額の割合が高い順に、上位から並べた表をみると、最も割合が高かったのは葛飾区で約13%。駅徒歩5分圏内の相場が、駅徒歩5分圏外の相場よりも価格が10%以上割増になるマンションが5つもありました。

 「千代田区」のみ、駅徒歩5分圏外のマンション価格が高い傾向

唯一、駅徒歩5分圏内のマンションよりも、駅徒歩5分圏外のマンションの価格が高かったエリアは千代田区。とはいえ差額の割合は約2%と、大きく価格を落とすということに直結するわけではなさそうです。

以前、「物件選びのポイントとその後の住み心地は? 持ち家派と賃貸派の違いを調査!」の記事中で用いられたアンケート調査でも、‟物件選びの際に最も重視するポイント”として最も多く選ばれたのが「最寄駅からの所要時間」でした。やはり駅近物件の人気は底知れぬようですね。

まとめ

いかがでしたか? この調査以外にも「マンションサプリ」ではマンションに関する役立つ情報をお届けしています。マンションに住んでいる、または住むことを検討しているという方はぜひ参考にしてみてください。

また「マンションマーケット」では全国350万件以上の価格データから算出した精度の高い相場価格をご紹介しています。あなたのお住まいの相場を調べてみては? 

マンションサプリ

最終更新:6/4(日) 9:35
投信1