ここから本文です

【就活生】父から就職活動する息子に伝えたい3つの手紙

4/16(日) 20:15配信

投信1

この春から本格的に就職活動を始めた大学生の息子。ここまで中学・高校・大学受験と自分の学力にあった希望する学校に進めてきたことと思う。ただ、就職活動は自分が思ったようにはいかないことの方が多いのではないだろうか。希望する会社からは内定が出ず、手持ちのリストから次々と候補企業が消えていき、いらいらすることもあるだろう。就職活動は自分の人生にとって間違いなく一つの重要な岐路となるはずだ。

~名古屋に住む父親が横浜で大学に通う息子に贈る3通の手紙~

就職人気ランキングは気にするな。みんなが何に興味を持っているかを意識をしろ

就職人気ランキングは「今一番人気のある企業」が並んだリストだ。つまり、業績が好調であるなど何かしらの理由で現在注目を集め、多くの人から評価されている企業という理解でいいだろう。ただし、問題なのはそうした人気企業が本当に良い企業であるかどうかは別問題だということだ。

今では、就職してもすぐにやめてしまう人、転職する人も増えてきてはいるが、それでも数十年勤務することもあるだろう。自分が勤めている間くらいは、競合企業に対して優位性を見せつけることができ、その中で自分もサラリーマンとして勝つことを体験しながら過ごす時間が多いに越したことはない。もっとも、そんな恵まれた企業は数えるほどしかないのだが。

現代の日本は、がつがつと成長することを意識するのでさえ、なんだか知らないが煙たがられるようになったが、成長を知る世代からすれば、成長は良くないことも吸収していける面もある。ぜひ、君にはそうした会社を選んでもらいたい。

人は誰でも初めに就職をした会社には思い入れがあるものだ。できるだけ自分に合った会社を選ぶのに越したことはない。納得がいくまで多くの企業に足を運んで、自分が将来その会社にいることをイメージし、何を得ることができるのかを考え続けるのが良いと思う。

受験は受験できる数が限られているが、就職活動では幅広い業種、数多くの企業を自分の目で見て回ることができる。つらいこともあるかもしれないが、自分で調べて足を運んだだけの結果はついてくるものだ。

就職活動は最終的には内定を手にするまでのゲームだと割り切る学生もいるだろうが、いろいろな会社の人が時間を割いてくれて、君に会社のことや業界のことを教えてくれているという見方もできる。今後、新卒の一括採用はなくなっていくかもしれないが、今はその制度を十分に活用すればよいと思う。

就職人気企業ランキングも使い方によっては役に立つ。多くの学生が興味を持っている企業には何か理由があるはずだ。そこから時代や経済の背景を紐解いていくことができるからだ。

私は高度経済成長期に化学メーカーに就職したが、今では想像できないだろうが、当時は人気業種だった。それは、石油化学工業に競争優位性があったし、日本が内需を満たすため、また外貨を獲得するために必要とされる産業であったのだろう。ただ、企業や産業にも栄枯盛衰がある。今見えている状況が未来永劫続くなどと考えないほうがよい。

もっとも、子供の時からへそ曲がりの君には、ランキングにない優良企業を訪問してみることを勧めるよ。

1/2ページ

最終更新:4/16(日) 20:15
投信1